ホーム婦人科 > 更年期障害


更年期障害

平均して50歳を過ぎると閉経を迎えます。その前後で女性ホルモンの分泌低下が原因で色々な症状が起こります。これを更年期障害と呼びます。代表的な症状は、顔のほてり(ホットフラッシュ)、のぼせ感、動悸、不眠、うつ状態などがあげられます。治療は主にホルモン補充療法や漢方療法が行われます。精神科的な治療が必要な場合もあります。

<当院での対応>

症状を良くうかがい、必要に応じてホルモン検査などを行います。他の病気によるものかどうかの判断も必要となります。ご相談のうえ、患者さんにあった治療法を選択します。