ホーム婦人科 > 性感染症


性感染症

性行為によって細菌やウイルスに感染し、痒みや痛み、おりものなどの症状が出ることがあります。女性にみられる代表的な疾患として、クラミジア、ヘルペス、コンジローマ、梅毒、B型肝炎、HIV感染などがあげられます。それぞれ抗生物質や抗ウイルス薬等を用いて治療します。

<当院での対応>

症状のある方は、疑わしい病気の検査を内診や血液検査などで行います。

特に症状のない方でも、ご結婚をひかえて確認しておきたいなどのご希望があれば、ブライダル健診としてチェックをお受けいただけますので、ご遠慮なくご相談ください。