ホーム婦人科 > 子宮内膜症


子宮内膜症

子宮内膜症とは、もともと子宮の内側を覆っている子宮内膜が、違う部分にできてしまう病気です。一般的には、子宮の筋肉の中や卵巣など骨盤の中にできる事が多いものです。

子宮や卵巣が腫れてしまう事が多く、また、周囲と癒着を起こして生理痛や性交痛の原因となります。不妊症の一因となることもあります。病気の原因はまだはっきりとはわかっていません。治療は一般的にホルモン療法、漢方薬、手術療法などが行われます。

<当院での対応>

内診やエコーを行い、どこに病変があるかよく確認します。不妊症の原因として癒着などが疑われる場合には、子宮卵管造影検査を行う事があります。血液検査でマーカーのチェックを行う場合もあります。

治療としては、痛みなどへの対症療法や、漢方療法、ホルモン療法(GnRH療法など)が可能です。必要に応じて、腹腔鏡手術が可能な病院をご紹介することもできます。ご相談ください。